日創研愛媛経営研究会は、愛媛の経営者が企業経営を通して地域社会の発展と繁栄に貢献を目指す会です

挑戦!ガラスの可能性を求めて

感謝と感動の創造

開商店 代表取締役 サッシ窓

株式会社開商店
代表取締役 開大介

2008年、社長だった父の逝去を機に、1916年(大正5年)から続く開商
店に入社。悪化し続ける業況の中、何もわからないまま迷走しているとこ
ろで、いろいろな仲間や先輩に出会い学んだことを実践し、会社の改革を
進め昨年5月に代表取締役に就任しました。ガラスの可能性を追求し、本
業であるガラス業の建て直しと、新規事業であるプリント建材・商材の二
本柱による業績アップを目指す開さん。理念の追求と企業の永続のために、
日々の業務に努めています。

ルーペ

人の役に立ちたい、社会の役に立ち
たいという思いが常にあります。

開商店 画像

96年間続いている老舗
の会社『開商店』の創業
者である開亀次郎さんは、
三津浜の開発・町おこし
をしていました。
その血を引いたのか、私
自身も社会貢献の気持ち

は強く、人の役に立ちたい、社会の役に立ちたいと常に思っ ています。性格は前向きで明るいと思います。
趣味は音楽で以前バンドをやっていました。  妻はボイストレーナーで、結婚式場で歌うプロでもありました。 二神さんや川本さんも音楽をやっていたとのことで、 経営研究会の仲間が音楽という感性で繋がっているのもうれしいところですね。

開商店 画像

この経営研究会との出会い
は中小企業家同友会でご一
緒していた川本さんの紹介
によるものです。
彼に出逢っていなければ、
今このように仕事ができて
なかったかも知れません。

(その恩人・川本さんとは同友会で若手3人衆と呼ばれているそうです)

人のお陰で自分があることを忘れず、
人を幸せにできる自分になりたい。

経営研究会に期待するのは、よい先輩から多くのことを学び、 人間力を高めたいということです。
今後も「あなたのお陰で幸せだったよ」と人から言っていただけるような人間になり、 人との関係を大事にしていきたいと思います。

愛読書:カーネギーの「道は開ける」
尊敬する人:秋山兄弟 坂本龍馬
血液型:A型
尊敬する経営者:真鍋さん

開商店 代表取締役

創 業:1916年
資本金:1000万
社員数:7名(パート・アルバイト1名)
事業内容:ガラス施工販売業、特殊建材販売業